So-net無料ブログ作成
検索選択

宮城 東日本大震災から1000日目 松島市で黙とう [自然/]

12月4日 宮城東日本大震災から1000日目が経ちました。

宮城県東松島市では12月4日、震災が発生した14時46分にに合わせて、東日本大震災の被害者へ向けて黙とうを行った。

miyagi05.jpg
松島市仮設住宅の住人は「1000日目という事で、何とかがんばらなくちゃならないと改めて感じました」とコメント。

TKY201211260250.jpg


また、南三陸町の防災庁舎では、県内外から訪れた人が手を合わせていました。
今後解体するか「防災遺構」として残すか再検討の予定。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサードリンク





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



東京から訪れた方は
「被災した所も見たけど、本当にかわいそうです。」
「まだ家が無くてね。防災庁舎や被害地を見て胸が一杯になりました」と語った。


3edca8eab99e467d959f6f5e4c7f0104.jpg

県内で仮説住宅の生活を余儀なくされている住民は、震災から2年が経過した10月末の時点で8万9439人に上ります。

災害公営住宅は、県内で約1万5000戸の整備を計画しているが、10月末まで工事が完了しているのは約1%と157戸に留まっているという。現地の方は高齢者も多く、再建に時間がかかっている事に不安を積もらせている。

仮設商店街の方も、状況の進展が思いのほかないことに「1000日経ってこれから1000日後の予測は本当に見えない」と語った。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。