So-net無料ブログ作成
検索選択

レーシック手術後 消費者庁 注意喚起 [最先端情報]

レーシック手術を受けた後、光がにじんだり、ドライアイになったりする症状が発生。
消費者庁が注意喚起!


top-b.gif
消費者庁がレーシック手術を受けた600人にアンケートを行った結果、4割の人が光がにじんだり、目が乾くドライアイの症状が続いたりとアンケートに回答した。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサードリンク





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


消費者庁は手術のリスクをよく認識したうえで本当に必要なのか慎重に検討する事を呼びかけている。


6485f25720dd1d62ad1edfcfaa588f7e.jpg


レーシックは角膜屈折矯正手術の一種で、目にレーザーを照射し、角膜の屈折率を変える事で視力矯正を行う手術である。1990年代のアメリカを中心に手術方法が認知されるようになった。





インターネットにあるレーシックのサイトを見ても低リスクですぐ手術が完了する事をうたう業者が多く、慎重に検討した方が良い。レーシック手術を受けると角膜を操作するためもう元には戻らないので手術を考えている方はしっかりとしたリスクと情報を知る事から始めてほしい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。